「バイク」カテゴリーアーカイブ

滋賀県

東京-大阪間は自走で、大阪からフェリーを使い九州ツーリングに行ったのですが、
その中で滋賀県を走っているときに僅か2~3kmを走行する間に2台の別の車に幅寄せされました。
もちろん全ツーリング行程(約2,000km)を通してそんなことをされたのはその2回だけです。というか日頃からそんなことされたことありません。

なんとなくバイクは自動車の前を走るなという意識を感じたのですが、これは県民性ですか?

キャリパー交換

イタリア在庫のブレーキホースを月曜日に発注したら、土曜日に到着するという驚きの早さのおかげでキャリパーとリザーバータンクを交換することができました。

IMG_0060

やっと左右のバランスがとれました。

キャリパー

そして純正と見まごうばかりの仕上がり。やはり黒キャリパーを選んで正解です。

ブレーキホース

キャリパーを交換してもらおうとバイク屋さんにいって、取り付ける前に店の前でキャリパーを現物合わせしていたら、バイク屋さんにブレーキホースも変えないと取り回しがきつくなると言われました。

事前にネット見た情報では、ブレーキホースはそのままで大丈夫のようだったのですが。

そこでブレーキホースを換えずにつけた写真を適当に見つけてきました。分かりやすいようにブレーキラインを赤で強調。

ブレーキホース

緑が通常のラインなので、そう思って写真を見ると確かに苦しそうです。

というわけでS2R1000用のブレーキホースを発注して到着待ちです。

ブレーキフルード交換

秋に標高2,365mの大弛峠を通った際にリアブレーキが効かなくなったことがあって、その時にブレーキフルードを交換しようと思っていたのですがやっと今日交換しました。平地に戻ると大丈夫なのでつい先延ばしにしていました。

最初のうちは小さな泡がいくつも出てきたので、気が済むまでフルードを入れ替えて終了です。

キャリパーOH

ebayで買ったキャリパーは中古なのでオーバーホールを行います。

06431-MAK-003 (34mm オイルシール・ダストシール・グリス)
06452-MAK-003 (30mm オイルシール・ダストシール・グリス)
をそれぞれ4つ買いました。

キャリパー・ピストンは中性洗剤でお湯洗い。乾いたら付属のグリス(assembling fluid 04.2954.70)を塗りこんだオイルシール・ダストシールに交換します。

ピストンにも付属のグリスを塗って再挿入です。

オーバーホールはできたけど、実際にGT1000に取り付けるのは年明けです。作業はバイク屋さんにお願いするので…。

LEDヘッドライト

8,000円位で売られている中華H4LEDヘッドライトを買ってみました。
200W/5,000rpmという発電量のジェベルで、グリップヒーターと電熱服を使うために節電です。

まずはネットの書き込みにあるように光軸がずれているのを直すために、台座の位置を変更します。

上が変更前、下が変更後。LEDユニットから出ている突起の上側にネジ止めされている台座を下側に付け替える作業です。

この台座は2本のネジで止まっているのですが、さすが中華クオリティ、ネジを回すと頭の部分だけもげて取れました。仕方ないので本体と台座にドリルで穴をあけてネジ止めします。

下から見たところ。左が変更前、右が変更後。

このLEDユニットの後ろにファンをねじ込んで取り付けるのですが、ここも中華クオリティ、ねじ切れて固定できなくなりました。

でもこのファンを取り付けるとジェベルのライトハウジングには納まらないので気にしません。代わりに4cmのPC用ケースファンを取り付けました。

なかなか明るいのですが、耐久性には不安が残ります。とりあえずハロゲンライトはいつも持っておくようにしないと。

キャリパー到着

ebayに出品しているRubber Side Upというショップからキャリパーとブレーキマスターを買いました。送料がかかるしパッドも新品ではないということを考えると、新品のキャリパーに比べてそんなに安いわけではありませんが、新品では黒いキャリパーが買えないので仕方ありません。

自分のGT1000には金色のキャリパーは付けたくないですから。ぱっと見ノーマルと区別がつかないというのが大好きです。