「バイク」カテゴリーアーカイブ

麦草峠

久しぶりのソロツーリング。

双葉スマートICから明野・増富ラジウムライン・信州峠経由で一昨日に冬季閉鎖が解除になったばかりの麦草峠へ。

増富ラジウムラインの途中、神部神社で。桜がまだ咲いています。
DSC00423

川上村では千曲川と冠雪の残る八ヶ岳。
DSC00424

そして麦草峠はミニ雪壁。
DSC00426

しかし一人だと走ってばかりになりますな。

トライアンフ・ナショナル・ラリー

清里サンメドウズスキー場で行われたトライアンフナショナルラリーに行ってきました。
目的はスクランブラーの試乗です。

というのも以前にLSLによるこのW800のカスタムの写真を見て…

LSL W800

いつも面倒を見ているW800もこういう風にしたらどうかと思っていたのですが、日本のレギュレーションあったマフラーとかがなさそうだし色々と面倒くさそうなので、じゃあいっそのこと良く似た形のスクランブラーでいいんじゃないの!?という考えに至りました。

でも近所のディーラーには試乗車が置いてないので、このトライアンフナショナルラリーに参加してみたというわけです。

朝、途中の談合坂。すでにトライアンフの比率が高いです。

談合坂

もちろん駐車場もトライアンフだらけ。

P1070835

試乗の方はというと、TIGER800XC と スクランブラーの2台に乗ってみました。スクランブラーの方はちょっと重いかなという印象。W800よりはパワーがあります。少し重心が高いのでしょうか、サイドスタンドがかかった状態から正立させるのに力が要りますね。ただ乗り味に大きな差はなく、W800から買い替えるかというと微妙だなという感じです。

TIGER800XCは極低回転のトルクが薄くて、発進時にエンストしました。走り出すと回転の上昇とともにパワーの出る感じで、いつも乗っている GT1000 のDSエンジンとは全然違います。もちろん好みでいえばDSエンジンなので、トライアンフの3気筒エンジンも購入候補からは外れます。

そんなこんなでトライアンフナショナルラリーを楽しんだ後の帰路、道の駅で同じGT1000を見つけました。もう70,000kmも走っているというこの赤いGT1000、随分と綺麗です。

IMG_0232

ダンディな持ち主さんから、レギュレーター以外はトラブルなしだという非常に心強いお話を伺うことができました。

北陸ツーリング(白川郷・千里浜なぎさドライブウェイ)

久しぶりのGT1000での長距離ツーリング。能登半島まで行きました。


より大きな地図で 2014北陸ツーリング を表示

初日の途中で白川郷を見物。
白川郷

2日目は能登半島を一周。
千里浜なぎさドライブウェイ。
千里浜なぎさドライブウェイ

3日目はきっときと市場でお土産を買って帰路に。
東京都下から能登半島に2泊3日では少し足りない感じです。

ZuttoRide Club は平文パスワード?

ZuttoRide Club (my819.jp)の盗難保険の更新処理で完了メールが届かなかったのでサポートに電話をしたのですが、そのやりとりの中でメールアドレスの変更処理を行いました。

メールアドレス変更のページではメールアドレスと現在のパスワードを入力するのですが、正しいパスワードを入力しているにもかかわらず「パスワードが違います」と表示されてしまいます。

「あれ、正しく入力しているのにできませんよ」と言うと、「パスワードはアルファベットの○から始まって△で終わるものを入力していますよね」と言われました。

メールが届かなかった件については後ほど復旧したのですが、そのサポートの対応からここのシステムがパスワードを平文または復号可能な暗号化処理によって保存していることが分かります。

百歩譲って復号可能な暗号化処理だとしても、サポートの人間であれば持ち出すことができるということですし、もしも平文だとしたら漏えいした場合のダメージは甚大です。

いまどき平文(もしくは復号可能な暗号化処理)でパスワードを保存するシステムなんてあるんだとビックリしてググってみると、世の中にはそういうサイトが沢山あるみたいですね。さらにビックリです。

自分が15年以上前に作ったサイトだってパスワードはmd5で作成したハッシュ値を保存していましたよ。

というわけでZuttoRide Clubのパスワードは速攻で変えました。

ハブダンパー修理

自分での交換を諦めたハブダンパーですが、車検整備に出しているバイク屋さんからの連絡がありました。
まだ全ての整備が終わっていませんが、途中経過として写真を送ってくれました。

交換済み

自作工具で抜きとったそうです。

取り外したダンパー

取り外したダンパーは見るからにゴム部分が劣化しています。

タイダウン

吊り下げられて部品が外されたバイクってカッコいい…。

そういえばGT1000を買ったディーラーは定期点検のときに何をやったのか全く説明してくれませんでした。そういうのが嫌でここのバイク屋さんにお願いするようになったのですが、本当に変えてよかったと思えます。

ハブダンパー

先日チェーンの清掃・注油をしていたら、ホイールからハブダンパーの欠片がでてきました。

P1070706

注文していた交換部品が届いたので開けてみます。
1か所だけ内側の金属部分がなくなっていますね。

P1070707

さて交換しようとベアリングプーラーを使って引き揚げてみても全く外れる気配がありません。
来週車検に出すので早々に諦めてバイク屋さんに頼むことにします。

バイク屋さんはいったいどうやって外すのだろう?

オイル交換・レギュレータ交換

ディーラーにはオイルは3,000kmごとに交換したほうが良いと言われて今までそうしてきましたが、冷静に考えるとそんな必要はないことに気付きました。そもそもサービスマニュアルには12,000kmごとに交換と記載されているし…。

この頃はディーラーにも行かなくなったので(個人経営の修理メインの店に見てもらうようになりました)、とりあえず前回の交換から4,000km走ったところで自分で交換してみることにします。

オイル交換

ドレンボルトを外してオイルを抜いて、フィルターカートリッジを取り外してしばらく放置です。

レギュレートレクチファイア交換

その間にレギュレートレクチファイアを新品に交換します。というのも先週のツーリング中に、EOBDランプ(エンジンのアイコンのオレンジのランプ)が点灯したことがあって、その時は一度エンジンを切ってかけ直したら消えたのですが、そろそろレギュレートレクチファイアが危ないのではないかと思って注文しておいたのです。もう22,000km走ってますし。

サイドカバー内のステーにレギュレートレクチファイアを取り付け、カプラーを接続するだけですね。今度のは放熱効率が少し良くなっているらしいです。(54040111C)

あとはドレンボルトのワッシャー(22032083a)を新品に交換してから42Nmで締めて、フィルターカートリッジのガスケットにオイルを塗って中にもオイルを入れてから11Nmで締めます。

シェルアドバンス4Tウルトラ10W-40をアッパーラインまで入れて終了です。

と思ったら、私の住んでいる自治体ではオイル処理箱は使えないではないですか!
仕方ないのでオイル処理箱のビニール袋からオイルを絞り出して缶に詰め直しました。とほほ。