「旅行」カテゴリーアーカイブ

四国・瀬戸内・伊勢ツーリング(前篇)

W800でのツーリング。
この頃GT1000の出番がめっきり少なくなってしまいましたが、タンデムでのツーリングなのでトップケースを装着可能なW800で出かけました。

日程は、4月26日の夕方出発、5月3日までの大体7泊7.5日といったところ。前回の四国・瀬戸内ツーリングで行きそびれたところを網羅するように出かけました。

4月26日
この日は翌日のゴールデンウィーク初日に備え、予め途中まで進んでおくための移動日。18:00出発で、恵那まで進みました。

4月27日
朝から高速に乗り、四国目指して移動です。予想より渋滞していないので、琵琶湖や神戸で高速を降りてぶらっと観光。16:00頃には鳴門大橋の下の渦の道に到着です。

渦の道は鳴門大橋の車道の下部に作られた施設で、ところどころ床がガラスになっています。

ただ行った時間が満潮でも干潮でもなかったので、渦潮は今一つでした。

4月28日
宿泊した徳島市内から徳島自動車道で西に向かい大歩危方面へ。本当は高速は使いたくないのですが、時間に限りがあるので仕方なく。

大歩危はそれ自体も良いのですが川沿いの道が気持ち良いですね。途中道の駅からの眺め。

そしてちょっと山の方に入って有名な小便小僧。

山道を堪能した後は、一気に高知まで行って昼食です。ひろめ市場でかつおの塩たたきを初めて食べました。

普通のポン酢の方が好みかも…。

一応桂浜を見てから四万十へ向かいます。途中ナビに導かれるまま国道439号線に迷い込み酷い目に遭いました。さすが酷道です。

4月29日
中村から四万十川を遡り、四国カルストを目指します。もちろん439号線は使いません。

四国の山道を堪能した後は道後温泉に入って、今日の宿泊地「大三島ふるさと憩いの家」を目指します。

以前から泊まってみたかった宿です。

到着したらこの日の宿泊は我々だけで他のお客さんがいない貸し切り状態でした。私は海辺の廃校というシチュエーションに惹かれたのですが、世間的にはそうでもないのでしょうか。

ただ、海辺の廃校を使用しているのですが、遊び心が少し足りないような気がしました。音楽室にピアノやオルガンを置いておくとか、理科室に人体模型を置いておくとか、そういったものは一切なく全て客室にしているだけでした。

泊まった部屋も「校長室」なのですが、元「校長室」をいくつかの部屋に区切って6畳程度の和室にしているだけです。そこは立派な机とトロフィー等を置いた部屋にするべきじゃないでしょうか…。

平沢峠

3週間ほど前に行った平沢峠。
しかしその時の八ヶ岳は雲に覆われていました。

あまりにも悔しいので今日はリベンジです。

雲ひとつない快晴にはなりませんでしたが全貌を見ることができました。ただ、見えたら見えたで冠雪した八ヶ岳を見たくなりますね。

その後は八ヶ岳高原道路経由で小淵沢ICへ。そこから中央道・中部横断自動車道を使って身延まで行き、本栖みち・富士パノラマライン・道志みちを通って帰宅です。今日はなかなか良いルートだったので、こちらで紹介しておきます。

日光

「東京発日帰りツーリング」スレで紹介されていた羊羹の「ひしや」と、奥日光温泉寺の温泉へ。

朝7時に府中を出発しましたが、途中の事故渋滞と、東北道の宇都宮分岐で曲がるのを忘れて次の矢板で降りるという遠回りをしてしまったため、「ひしや」への到着は11:30頃になりました。

でも普通に3本買うことができました。

ここの羊羹は日を追うごとに表面に砂糖の結晶ができて、毎日食感が変化していくそうです。明日・明後日が楽しみ。

羊羹を買った後はいろは坂を通って奥日光湯元の温泉寺へ。いろは坂の渋滞を覚悟していましたが、今週はまだ渋滞なしです。で、目的地の温泉寺は、お寺なのに温泉に入ることがができます。500円で1時間以内の入浴と、煎餅とお茶付き。

お湯は最高だし、休憩所も静かだし、非常に気に入りました。

日光と言っても東照宮や華厳の滝、その他有名な観光名所には一切立ち寄らないツーリングでした。

W800で北海道

GT1000の車検中に、W800で北海道ツーリング。
タンデムで出かけるので、いつもはジェベルに付けているトップケースを装着。

■1日目 (9月8日) 家→盛岡

ほぼ晴れ。途中仙台で寄り道して牛タンを食べ、七ヶ浜、松島経由で盛岡へ。

松島の阿部蒲鉾店で笹かまぼこを自分で炙って食べたら蒲鉾とは思えないほど美味でした。

■2日目 (9月9日) 盛岡→函館

朝から雨。八幡平アスピーテラインを経由して青森港を目指したのだけど、肝心のアスピーテラインでは土砂降りで景色は全く楽しめず。

さらに夜の函館山からの夜景も雨風でひどい目に。

■3日目 (9月10日) 函館→札幌

朝から雨。事前の天気予報ではこの日までは天気が悪いことになっていたので、まだ納得して出発。

洞爺湖はガスで景色が全く見えません。

登別温泉はいいお湯でした。

折角温泉でさっぱりしても、また合羽を着て雨の中です。でも札幌に着くころには曇り空になっていました。

■4日目 (9月11日) 札幌→旭川

事前の天気予報ではこの日から晴れるはずだったのに、予報は変わって今日も雨。とりあえず羊ケ丘でクラーク博士と記念写真。

富良野方面に進むと、途中占冠あたりで曇り空に。

富良野の吉田農園で「ふらのの夢」という半分に切ったメロンにソフトクリームをのせたものを食べ、ふらのチーズ工房でピザを食べ、カンパーナ六花亭にたどり着く直前に立ちゴケし、カンパーナ六花亭でお土産を物色しているうちにまた雨になりました。

その後美瑛のあたりで再び曇りになったのですが、やはり曇り空の下では気分も晴れません。

この後は旭山動物園を見学している最中に雨に降られました。

■5日目 (9月12日) 旭川→小樽

今日も雨。朝から雨。雨。憂鬱な気持ちで合羽を着て出発です。大雨の士別あたりを走っているときには心細くなりました。

しかし西に方向を変え、霧立峠を過ぎたころには雨は上がり、青い空が見えてきました。

そしてオロロンラインの風力発電。

途中、道の駅おびら鰊番屋でウニイクラ丼を食べオロロンラインを快走です。

程よく走ったところでお茶にでもしようと思い、カフェを探していたら「ありすcafe」と書かれた店がありました。これでお茶が飲めると迷わず入ったのですが、どうもカフェではないようです。よくみると「ちいさなうつわの店ありすcafe」と書いてあります。器屋さんなのですね。

しかし、店主のすすめでお茶とクッキーを御馳走になり、お金を払おうとしたら「いりません」と言われたので、厚かましくもそのまま店をでました。本当なら器を買えばいいのですが、バイクなので荷物は増やせないですからね。

後で知ったのですが、石狩市のホームページにも紹介されています。そこには「喫茶店ではないのでご注意の程を」と書かれていました。そんなことを言われましても…。

■6日目 (9月13日) 小樽→新潟

新日本海フェリーで移動です。

■7日目 (9月14日) 新潟→水上

新潟から家に帰るのに、そのまま帰るのは勿体ないので、途中水上に1泊することにしました。選んだルートは野沢温泉から奥志賀スーパー林道経由です。

野沢温泉では温泉たまご作り。生卵から作るのは20分かかるというので、温めるだけの5分コースでお茶を濁す…。

奥志賀スーパー林道は路面状態が良くて非常に走りやすい道です。志賀・草津道路のような景観はありませんが、走っているだけでハッピーになります。

■8日目 (9月15日) 水上→家

最終日はロマンチック街道→佐久→コスモス街道→秩父→家というルート。

八ツ場ダムはどうなったのかなと考えながら、ダムに沈むであろう橋から新しい橋を見上げる。

途中、信濃追分では痛電車を撮影

コスモス街道

リベンジする気も起きないほど雨に降られ続けた北海道でした。
多分しばらくは北海道には行きません。

そしてW800ですが、小さなウィンドスクリーンを付けていることもあって、非常に快適な旅バイクでした。ポジション、サイズ、パワーのいずれもが「ちょうど良い」感じです。ただ、W650に比べて足つきが良くなっているというシートが、形状と柔らかすぎるクッションのせいでお尻が痛くなる原因になります。今のところそれが唯一の欠点。

グンマー

ついにたどり着いた…なんて。

万座温泉に初めて行ってみたのですが、近くにある毛無峠が有名なようなのでそちらにも寄り道です。

毛無峠は素晴らしい眺めだし、万座温泉は素晴らしいお湯だし、群馬は良いところです。

上高地

5月1,2日と上高地に行く予定を立てていたのですが、2日が雨になるということでGT1000はやめて風防・トップケース付きのDJEBELにしました。車で行っても良かったのですが、雨でもバイクの方が楽しいので…。

ただ曇り空の上高地は今一つですね、もう何週間か後になって新緑の頃がベストシーズンなのでしょうか?どうりで上高地の駐車場がガラガラなのも頷けます。

ベストシーズンではなくても晴れた日にもう一度行きたいものです。

ひとりツーリング4日目(7月17日)

朝の金沢をちょっと散策。バイクで。

武家屋敷跡のあたり。

早朝なのでこんなところまでバイクで入れます。

今日も沢山走らなければならないのでこのあたりにして出発。

能登有料道路を北上します。

たぶんこの近くに千里浜なぎさドライブウェイがあるのでしょうけど、錆びるのが怖いので絶対に走りません。

架空の駅名の駅。

本当は西岸駅。

能登島に寄り道して帰路につきます。

海沿いで一枚。

この後は富山から上高地の方を通って、松本から中央道に乗って帰宅しました。

本日の走行距離: 505km

4日間で約2,200km、1日あたり約500kmということで、とにかく高速道路を走ってばかりのツーリングになってしまいました。あまりバイクで走って楽しい道を走っていないのが心残りです。

きっと1日あたり300kmくらいがちょうどよいのでしょうね。

ひとりツーリング3日目(7月16日)

日ごろは起きるのが8時なのに、こういうときだけ6時起き。しかも毎日。

尾道を出発するので御袖天満宮の前で一枚。

そのあとはひたすら東に向かって、姫路城に寄ってみました。が、改修中じゃないですか。

がっかりしててもしょうがないので諦めて先に進みます。

舞鶴若狭自動車道を小浜西ICまで進み、暑い中を一般道で敦賀まで、そこから北陸自動車道に乗ります。
ちなみにこの日の15時過ぎであれば舞鶴若狭自動車道は小浜ICまで開通していたようです。

北陸自動車道から見える敦賀原発。最初はもんじゅちゃんだと思っていたら違いました。

そしてこんなところについて…

…ここで柚子サイダーを頂きました。

ちょっと戻る途中にスイング中の案山子。

金沢市街までもどって今日はここでおしまい。

本日の走行距離: 557km