「GT1000」カテゴリーアーカイブ

ハブダンパー

先日チェーンの清掃・注油をしていたら、ホイールからハブダンパーの欠片がでてきました。

P1070706

注文していた交換部品が届いたので開けてみます。
1か所だけ内側の金属部分がなくなっていますね。

P1070707

さて交換しようとベアリングプーラーを使って引き揚げてみても全く外れる気配がありません。
来週車検に出すので早々に諦めてバイク屋さんに頼むことにします。

バイク屋さんはいったいどうやって外すのだろう?

オイル交換・レギュレータ交換

ディーラーにはオイルは3,000kmごとに交換したほうが良いと言われて今までそうしてきましたが、冷静に考えるとそんな必要はないことに気付きました。そもそもサービスマニュアルには12,000kmごとに交換と記載されているし…。

この頃はディーラーにも行かなくなったので(個人経営の修理メインの店に見てもらうようになりました)、とりあえず前回の交換から4,000km走ったところで自分で交換してみることにします。

オイル交換

ドレンボルトを外してオイルを抜いて、フィルターカートリッジを取り外してしばらく放置です。

レギュレートレクチファイア交換

その間にレギュレートレクチファイアを新品に交換します。というのも先週のツーリング中に、EOBDランプ(エンジンのアイコンのオレンジのランプ)が点灯したことがあって、その時は一度エンジンを切ってかけ直したら消えたのですが、そろそろレギュレートレクチファイアが危ないのではないかと思って注文しておいたのです。もう22,000km走ってますし。

サイドカバー内のステーにレギュレートレクチファイアを取り付け、カプラーを接続するだけですね。今度のは放熱効率が少し良くなっているらしいです。(54040111C)

あとはドレンボルトのワッシャー(22032083a)を新品に交換してから42Nmで締めて、フィルターカートリッジのガスケットにオイルを塗って中にもオイルを入れてから11Nmで締めます。

シェルアドバンス4Tウルトラ10W-40をアッパーラインまで入れて終了です。

と思ったら、私の住んでいる自治体ではオイル処理箱は使えないではないですか!
仕方ないのでオイル処理箱のビニール袋からオイルを絞り出して缶に詰め直しました。とほほ。

キャリパー交換

イタリア在庫のブレーキホースを月曜日に発注したら、土曜日に到着するという驚きの早さのおかげでキャリパーとリザーバータンクを交換することができました。

IMG_0060

やっと左右のバランスがとれました。

キャリパー

そして純正と見まごうばかりの仕上がり。やはり黒キャリパーを選んで正解です。

ブレーキホース

キャリパーを交換してもらおうとバイク屋さんにいって、取り付ける前に店の前でキャリパーを現物合わせしていたら、バイク屋さんにブレーキホースも変えないと取り回しがきつくなると言われました。

事前にネット見た情報では、ブレーキホースはそのままで大丈夫のようだったのですが。

そこでブレーキホースを換えずにつけた写真を適当に見つけてきました。分かりやすいようにブレーキラインを赤で強調。

ブレーキホース

緑が通常のラインなので、そう思って写真を見ると確かに苦しそうです。

というわけでS2R1000用のブレーキホースを発注して到着待ちです。

キャリパーOH

ebayで買ったキャリパーは中古なのでオーバーホールを行います。

06431-MAK-003 (34mm オイルシール・ダストシール・グリス)
06452-MAK-003 (30mm オイルシール・ダストシール・グリス)
をそれぞれ4つ買いました。

キャリパー・ピストンは中性洗剤でお湯洗い。乾いたら付属のグリス(assembling fluid 04.2954.70)を塗りこんだオイルシール・ダストシールに交換します。

ピストンにも付属のグリスを塗って再挿入です。

オーバーホールはできたけど、実際にGT1000に取り付けるのは年明けです。作業はバイク屋さんにお願いするので…。

キャリパー到着

ebayに出品しているRubber Side Upというショップからキャリパーとブレーキマスターを買いました。送料がかかるしパッドも新品ではないということを考えると、新品のキャリパーに比べてそんなに安いわけではありませんが、新品では黒いキャリパーが買えないので仕方ありません。

自分のGT1000には金色のキャリパーは付けたくないですから。ぱっと見ノーマルと区別がつかないというのが大好きです。

アンバランス

クラッチマスターからのフルード漏れが発覚し、ebayでパーツを探したらSPORT1000のクラッチマスターしか見つからなかったので左右非対称になってしまいました。折角LighTechのタンクキャップだって付けていたのに…。

仕方ないのでキャリパーを対向4potにして、マスターも別体式に変えてバランスをとるしかないか。