タイヤ交換

13,000km走ったところで、リアタイヤのセンターが大分減ってきたので、スリップサインが出る直前でタイヤ交換。純正のTT100の乗り味が気に入らないので早めの交換です。

BSアコレードやIRCのGS19が定番なのでしょうが、現代的な乗り味を求めてBSのBT45Vにしてみました。

パターンもそんなにWに似合わないわけではありません。

試しに乗ってみると、予想どおりグルービング舗装の影響を受けにくくなっていました。それより何より良かったのが、ステアリングが切れ込みすぎるのがなくなったことです。

今まではカーブの最中、イン側のハンドルを押し戻す力が必要だったのですが、それが全く必要なくなって手を離すことができるほどニュートラルなハンドリングになりました。

TT100より少し高価なので、ライフももう少し長いとよいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください