ネットワーク構成変更(2/4) – サーバ環境移行

このサーバは複数のドメインを管理しています。サイトデータやデータベース、友人や家族にメールアドレスを発行しているのでメール環境も「気づかれずに」移行する必要があります。もちろん気づかれてもいいのですが、それは気分的な問題。

サイトデータ

サイトデータはそのままtarballにまとめてコピーです。
旧環境と新環境では PHP のバージョンが違うのでそのままでは動かない部分がいくつかでてきました。外部に公開していない部分については httpd.conf をいじって php_flag register_globals on を追加します。外部に公開している部分はPHPのファイルを編集して $_GET や $_POST に書き換えます。

データベース

PostgreSQL のデータは pg_dumpall で吐き出して psql で取り込みです。

$ pg_dumpall > db.out
$psql -f db.out template1

さらに旧環境と新環境では httpd のユーザーが違った(旧:nobody→新:apache)ので GRANT でアクセス許可を変更

$ psql データベース名
# GRANT ALL ON テーブル名 TO apache;

ユーザーアカウント

/etc/passwd, /etc/shadow, /etc/group から移行が必要なユーザの情報をコピーします。
コピーしたユーザのホームディレクトリを作成。

メール環境

/var/spool/mail 以下を丸ごとtarballでまとめてコピー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください