Visual Studio でのビルド番号更新

Visual Studio で開発するときに、ビルド番号を自動更新するためのスクリプトを作ってみました。

IncBuildNumber.vbs は最初にパラメータで指定された .rc ファイルのバックアップを作成します。(*.rc.bak)その後 .rc ファイルから文字列 FILEVERSION, PRODUCTVERSION, FileVersion, ProductVersion がある行を探し、その行に記載されているビルド番号を1増やします。

ビルド番号更新スクリプト(IncBuildNumber.vbs)
(ダウンロードしたら最初に右クリックのプロパティ画面から「ブロックの解除」を行って下さい)

このスクリプトをどこか適当な場所において、プロジェクトプロパティでReleaseのビルド前のイベントに以下の設定を行うと使用できます。以下の例では Visual Studio のインストールフォルダ $(VCInstallDir) に置いてあります。

CScript “$(VCInstallDir)IncBuildNumber.vbs” “$(ProjectDir)$(ProjectName).rc”

—-

2010/12/07 追記:リソース内にversionという文字列があった場合に誤動作していたので、多少誤動作しないように改善しておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください