ML115

7月の安売りの時に15,000円弱で買った HP ProLiant ML115 を使ってサーバの入れ替えを考えていたのですが、当初の目標とは裏腹な構成になりそうです。

最初は CentOS5 を入れて Xen で仮想化して使おうと思っていたけど、Xen はクライアントOSのインストールが面倒くさそうだし、Windows も入れられないのでVMware Server に変更です。
さらに「オンボードでRAID5が使えるな」と思っていたのに、RAID5は安全ではないという情報があちこちに書かれているので怖気づいてRAID1にすることにしました。
しかもオンボードの RAID ドライバは CentOS5 用がない(CentOS4用はある)のでソフトウェアRAIDです。

非常に残念な状態ですが、ホストOSがローカルのファイルサーバなどを担当し、VMware 上のゲストOSで Web, DNS, Mail サーバーなどを担当するという分担だけは何とか達成できそうです。それぞれにハードウェア的に別サーバを用意するよりかは環境に良いかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください