仮想マシン接続

さて無事に Pentium J2900 に Client Hyper-V が設定できたところで「Hyper-V 仮想マシン接続」を起動します。

hyper-v-1

するとなにやら許可がないだとか…

hyper-v-2

…読み込み中にエラーだとか言われます。

検索すると「管理者権限をつけて実行する」という解決法がでてきますが、いちいち昇格のダイアログボックスが表示されるのは気持ちよくありません。そういう時はユーザーに「Hyper-V Administrator」グループのメンバーになってもらいましょう。

まずは「ローカル ユーザーとグループ」スナップイン(Lusrmgr.msc)を開きます。

hyper-v-3

目的のユーザーをダブルクリックし、「所属するグループ」タブを選択します。
下のキャプチャはすでに「Hyper-V Administrator」グループを追加済みですが、ここで「追加(D)…」ボタンをクリックします。

hyper-v-4

すると以下のような「グループの追加」ダイアログボックスが表示されます。
このキャプチャもすでにオブジェクト名が入力されていますが、[Hyper-V Administrator」を探すには「詳細設定(A)…」ボタンを
クリックします。

hyper-v-5

「グループの選択」ダイアログボックスが表示されたらそのまま「検索(N)」をクリックします。検索結果にHyper-V Administratorsが表示されますので、選択して「OK」をクリックします。

hyper-v-5b

ここまでの作業を行ったら一旦ログオフ・ログオンを行いましょう。
これで「Hyper-V 仮想マシン接続」を起動すれば管理者への昇格なしに目的の仮想マシンに接続することができるようになりました。

hyper-v-6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください