トライアンフ・ナショナル・ラリー

清里サンメドウズスキー場で行われたトライアンフナショナルラリーに行ってきました。
目的はスクランブラーの試乗です。

というのも以前にLSLによるこのW800のカスタムの写真を見て…

LSL W800

いつも面倒を見ているW800もこういう風にしたらどうかと思っていたのですが、日本のレギュレーションあったマフラーとかがなさそうだし色々と面倒くさそうなので、じゃあいっそのこと良く似た形のスクランブラーでいいんじゃないの!?という考えに至りました。

でも近所のディーラーには試乗車が置いてないので、このトライアンフナショナルラリーに参加してみたというわけです。

朝、途中の談合坂。すでにトライアンフの比率が高いです。

談合坂

もちろん駐車場もトライアンフだらけ。

P1070835

試乗の方はというと、TIGER800XC と スクランブラーの2台に乗ってみました。スクランブラーの方はちょっと重いかなという印象。W800よりはパワーがあります。少し重心が高いのでしょうか、サイドスタンドがかかった状態から正立させるのに力が要りますね。ただ乗り味に大きな差はなく、W800から買い替えるかというと微妙だなという感じです。

TIGER800XCは極低回転のトルクが薄くて、発進時にエンストしました。走り出すと回転の上昇とともにパワーの出る感じで、いつも乗っている GT1000 のDSエンジンとは全然違います。もちろん好みでいえばDSエンジンなので、トライアンフの3気筒エンジンも購入候補からは外れます。

そんなこんなでトライアンフナショナルラリーを楽しんだ後の帰路、道の駅で同じGT1000を見つけました。もう70,000kmも走っているというこの赤いGT1000、随分と綺麗です。

IMG_0232

ダンディな持ち主さんから、レギュレーター以外はトラブルなしだという非常に心強いお話を伺うことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です