オイル交換・レギュレータ交換

ディーラーにはオイルは3,000kmごとに交換したほうが良いと言われて今までそうしてきましたが、冷静に考えるとそんな必要はないことに気付きました。そもそもサービスマニュアルには12,000kmごとに交換と記載されているし…。

この頃はディーラーにも行かなくなったので(個人経営の修理メインの店に見てもらうようになりました)、とりあえず前回の交換から4,000km走ったところで自分で交換してみることにします。

オイル交換

ドレンボルトを外してオイルを抜いて、フィルターカートリッジを取り外してしばらく放置です。

レギュレートレクチファイア交換

その間にレギュレートレクチファイアを新品に交換します。というのも先週のツーリング中に、EOBDランプ(エンジンのアイコンのオレンジのランプ)が点灯したことがあって、その時は一度エンジンを切ってかけ直したら消えたのですが、そろそろレギュレートレクチファイアが危ないのではないかと思って注文しておいたのです。もう22,000km走ってますし。

サイドカバー内のステーにレギュレートレクチファイアを取り付け、カプラーを接続するだけですね。今度のは放熱効率が少し良くなっているらしいです。(54040111C)

あとはドレンボルトのワッシャー(22032083a)を新品に交換してから42Nmで締めて、フィルターカートリッジのガスケットにオイルを塗って中にもオイルを入れてから11Nmで締めます。

シェルアドバンス4Tウルトラ10W-40をアッパーラインまで入れて終了です。

と思ったら、私の住んでいる自治体ではオイル処理箱は使えないではないですか!
仕方ないのでオイル処理箱のビニール袋からオイルを絞り出して缶に詰め直しました。とほほ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください