「690DUKE」カテゴリーアーカイブ

タイヤ交換

690DUKEのタイヤも10,000kmちょっと走ったところでリアのスリップサインが出たので交換。

フロント bw501

リア bw502

690DUKEにはあまり付けないタイヤですが、フラットダート位は走りたいし、高速コーナリングに興味がなければこの辺りのチョイスは悪くないかと思います。

トップケースのバックレスト

衝撃の事実が判明。
KTMパワーパーツで注文したトップケース48L用のバックレスト。パーツナンバー620.12.027.052。
普通にディーラーで注文して付けてもらっていましたが、常々違和感を覚えていました。
どうもしっくりこないと。

そこでOEM元であるSHADの48L用ケースのバックレストを見るとKTMのケースに付きそうではありませんか。とりあえず注文です。

IMG_0838

並べてみて気付きました。KTMパワーパーツで売られているバックレストは本来上下ペアのものの下半分だけだということに。

IMG_0843

これからトップケースを買う人はバックレストはKTMパワーパーツでは買わないように。

山梨pesca

去年はじめて訪れてとても気に入った山梨pesca。今年はお中元にも使ってみたのですが、やはり自分でも食べないと。
ということでこの時期に食べられる川中島という種類の桃が美味しすぎるので今年もお邪魔しました。

DSC01377

年に一度の楽しみになりました。いや、何度行ってもいいのですけど。

ETC

DUKEを購入したときに一緒にETCを取り付けたかったのですが、そのタイミングではETCの補助金がありませんでした。
それから9ヶ月、ようやく補助金が始まりましたので取り付けです。

家から近いのは2りんかんとNap’sですが、Nap’sはETC本体10%オフをやっているせいで6月まで取り付けの予約が一杯です。仕方がないので2りんかんでいいやと思って行ったら、GWでポイント10倍セールをやっていました。どうせ今後も2りんかんで買い物をするのでポイントが10倍つけばNap’sより安くなりますね。

取り付けをお願いするときにこんな電源分岐を取り付けられるのが嫌だったので、あらかじめアクセサリ電源を用意していったら担当のお兄さんに少し嫌がられました。まあ責任が取れないということですからそういう反応も仕方ありません。

でもお願いしたらちゃんとつけてくれましたよ。

IMG_0736

それからアンテナ位置もステーを付けるといわれましたが、キルスイッチの上が水平だったのでベルクロ留めにしてもらいました。

IMG_0738

なかなか目立たない、かつ視認性が良い位置につきました。

余剰電力

冬になるとグリップヒーターや電熱服が必要になりますが、DUKEの発電量にはどのくらいの余裕があるのか気になって調べてみるとたったの224W (おそらく14V 16A)しかありません。
250ccクラスの車重だと喜んで乗り回していましたが、発電量まで250ccクラスでした。

ではどれくらい消費されて、どれくらい余裕があるのでしょうか。
http://www.powerlet.com/learningCenter/excessCapacity
を参考にすると、一般的なバイクの消費電力は
・ハイビーム 55W
・ロービーム 55W
・ナンバー灯 5W
・ブレーキ・尾灯 21W
・メーター類 2W
・コンピューター 25W
・燃料ポンプ 60W
・冷却ファン 60W
・イグニッション 50W
———————————–
計 278W(ハイビームを除く)
だそうです。ん?この時点ですでにDUKEの発電量を超えていますね。

ではDUKEとの違いはどこにあるのでしょう。
まずブレーキ・尾灯がLEDですからここは1Wもあれば十分でしょう。
燃料ポンプは以下の興味深い動画を見ると、通常負荷では3A (42W)程度です。
https://www.youtube.com/watch?v=qpH_oOKjz6I
冷却ファンはSPAL社製VA32-A101-62Aという表記よりカタログ値から約3A (42W)です。

上記を踏まえてもう一度積算すると222WとなりDUKEの発電量に収まりました。しかしあまりにもギリギリなので、実際はイグニッションやコンピューターの消費電力がもう少し低いのかもしれません。

これでは余分な電力が全くないように見えますが、私のDUKEはヘッドライトをLEDに変更したのでこれで30Wほど稼ぐことができます。そして冬には冷却ファンが回ることが少なくなるのでその分の40Wも使用可能と考えてよいでしょう。

というわけで冬であれば70Wほどが使用可能だということがわかりました。

するとグリップヒーターと電熱服の両方は厳しいけれど、どちらか一方であれば使うことができると結論付けられます。

ただ、タンデムするとどちらか一人しか暖まれないですけど。

舗装林道

気が付いたらDUKEにしか乗らなくなっています。GTに最後に乗ったのは9月中旬。もう2ヶ月近く乗っていません。
GTも東京都を出て西に進めば楽しく乗れるのですが、それ以上にDUKEがストレスフリーなのでつい選んでしまうのですね。

で、そんなDUKEで行くと楽しいのが舗装林道。秩父の奥武蔵グリーンラインとか、山梨のクリスタルラインとか。

奥武蔵グリーンライン

軽い車体に必要十分なパワーで、舗装林道のようなところでのブレーキをかける、曲がる、加速するという一連の動作が気持ち良いのです。

光軸調整

壊れると言われている690dukeの光軸調整、早くも壊れました。まだ3,000kmしか走ってないのに…。もちろん新車保証期間中なので交換してもらおうと思えば交換してもらえるのですが、取り換える部品もどうせすぐ壊れると思うと交換する気になりません。

DSC00930

とりあえず結束バンドで上向きにならないように引っ張ってみることにします。

ピリオンステップ

前のDJEBELもそうでしたが、690DUKEも搭乗者用のステップ位置がやたらと上の方についています。

どうしたらステップ位置をさげられるかネットを調べると、他車種用ですが流用できそうなパーツがありました。


motorcyclelarry.comというところのkawasaki 1400GTR用のパーツです。

早速自分でつけてみようと思ったら、フットペグのピンが固くて抜けません。
仕方がないので1,000km点検の時にディーラーに取り付けをお願いしました。

IMG_0562

なかなか良い位置です。ただ、右側はサイレンサーが少し邪魔ですね。
旧DUKEのようにエンジン下のサイレンサーだけならよかったのに。

KTM 690 DUKE

DJEBEL250XCを売ってKTM690DUKEを買いました。

DSC00604

荷物を積んでツーリングに行くための選択なのですが、同じ価格帯にMT-09 Tracerとかもあります。でもとにかく軽いバイクが欲しかったので690DUKEをツーリング仕様にすることにしました。写真はパニアケースだけですがトップケースも注文済みです。puigのスクリーンも付けました。

まだ200kmほどしか乗っていませんが、250ccクラスの取り回しでミドルクラスのパワーは理想のバイクです。