「W800」カテゴリーアーカイブ

MOTUL C2 チェーンルブ

今までは DID のチェーンルブを使っていましたが、丁寧に拭き取らないと飛び散りが酷いのでバイク屋さんに薦められた MOTUL C2 チェーンルブを使用してみます。

IMG_0517

スプレーした後に拭き取らなくてもいいくらい強力に粘着するようですね。

トライアンフ・ナショナル・ラリー

清里サンメドウズスキー場で行われたトライアンフナショナルラリーに行ってきました。
目的はスクランブラーの試乗です。

というのも以前にLSLによるこのW800のカスタムの写真を見て…

LSL W800

いつも面倒を見ているW800もこういう風にしたらどうかと思っていたのですが、日本のレギュレーションあったマフラーとかがなさそうだし色々と面倒くさそうなので、じゃあいっそのこと良く似た形のスクランブラーでいいんじゃないの!?という考えに至りました。

でも近所のディーラーには試乗車が置いてないので、このトライアンフナショナルラリーに参加してみたというわけです。

朝、途中の談合坂。すでにトライアンフの比率が高いです。

談合坂

もちろん駐車場もトライアンフだらけ。

P1070835

試乗の方はというと、TIGER800XC と スクランブラーの2台に乗ってみました。スクランブラーの方はちょっと重いかなという印象。W800よりはパワーがあります。少し重心が高いのでしょうか、サイドスタンドがかかった状態から正立させるのに力が要りますね。ただ乗り味に大きな差はなく、W800から買い替えるかというと微妙だなという感じです。

TIGER800XCは極低回転のトルクが薄くて、発進時にエンストしました。走り出すと回転の上昇とともにパワーの出る感じで、いつも乗っている GT1000 のDSエンジンとは全然違います。もちろん好みでいえばDSエンジンなので、トライアンフの3気筒エンジンも購入候補からは外れます。

そんなこんなでトライアンフナショナルラリーを楽しんだ後の帰路、道の駅で同じGT1000を見つけました。もう70,000kmも走っているというこの赤いGT1000、随分と綺麗です。

IMG_0232

ダンディな持ち主さんから、レギュレーター以外はトラブルなしだという非常に心強いお話を伺うことができました。

タイヤ交換

13,000km走ったところで、リアタイヤのセンターが大分減ってきたので、スリップサインが出る直前でタイヤ交換。純正のTT100の乗り味が気に入らないので早めの交換です。

BSアコレードやIRCのGS19が定番なのでしょうが、現代的な乗り味を求めてBSのBT45Vにしてみました。

パターンもそんなにWに似合わないわけではありません。

試しに乗ってみると、予想どおりグルービング舗装の影響を受けにくくなっていました。それより何より良かったのが、ステアリングが切れ込みすぎるのがなくなったことです。

今まではカーブの最中、イン側のハンドルを押し戻す力が必要だったのですが、それが全く必要なくなって手を離すことができるほどニュートラルなハンドリングになりました。

TT100より少し高価なので、ライフももう少し長いとよいのですが。

四国・瀬戸内・伊勢ツーリング(後編)

5月2日
和歌山に泊まってもどこにも行かず、そのまま奈良に向けて出発。
奈良公園で鹿せんべいを買いたかったのですが、バイクの駐車場が遠いところにしかなくて断念。奈良はバイクには優しくないようです。ここは自転車で来るべきでしたね。

気を取り直して、関西方面の方のブログによく登場する「針テラス」へ。

高速のSAのような道の駅でした。関東では「ららん藤岡」みたいな感じ?

道の駅の後は紀伊半島の東側に移動して伊勢神宮へ。

翌日の朝のテレビで知ったのですが、ここではお願いをするのではなく感謝の意を伝えるのが正式なしきたりのようです。もちろんそんなことは知らずに厚かましくも沢山お願いしてしまいましたが。

参拝後は赤福で休憩。

5月3日
最終日。宿泊した志摩から「パールロード」を使って鳥羽へ。そこで「かき小屋」に。こんなかきが一つ100円。4つ買ったら5つ入っていました。

伊勢湾フェリーで渥美半島に渡ったら浜松でうなぎパイ工場へ。壁にはいろいろなQ&Aが書いてあるのですが、そこにはこんな「言い訳」が…。

後は家まで寄り道せずに帰りました。

今回はW650用の肉厚のシートを付けていったので、お尻が痛くなることもなくW800は非の打ちどころのない旅バイクとして活躍してくれました。燃費は約25km/L。タンデムとしては上出来です。

それにしても四国・瀬戸内はいいところですね。自分の中ではベストなツーリング先です。世間的には北海道がライダーの聖地扱いされていますが、私は四国・瀬戸内のほうが好みです。

今回は自走でしたが東京からのフェリーも出ていますし、もっとバイクの人たちが訪れてもよいのではないかと思うのですよね。ライダースインなどもあり受け入れる素養もあるのですから。すくなくとも私はリピート確実です。

最後に今回の反省点。1日あたりの走行距離を約300kmにして予定を組んだのですが、まだ少し多すぎたようです。

高速を使わずに観光をするためには1日あたり200km以内に抑えるべきでした。

四国・瀬戸内・伊勢ツーリング(中編)

4月30日
大三島ブルーラインを使ってしまなみ海道からとびしま海道に移動です。

普通のフェリーのようにしっかりタイダウンするのではなく、申し訳程度にハンドルに紐をかけるだけ。のどかな感じがたまりません。

フェリーを降りるととびしま海道です。まず最初の橋が愛媛と広島の県境。

そのまま進み大崎下島へ。ここで「なごみ亭」に行きあなご飯のお弁当を買いました。本当はお店で食べたかったのですが、この後もいろいろと予定があるので。

お弁当を買った後お店の奥さんが店の前まで出てきて、ここは1日ひと組だけ泊まれるのよと言ってくれました。これはいつか泊まりにこなければ!
そしてお弁当がこちら。

ちょっと暗い場所で撮ったので色が悪いですが、大変美味しゅうございました。次回は是非熱いうちに頂きたいです。

とびしま海道を制覇した後進路を東に変えて竹原に向かいます。

ほり川で広島焼きを食べて…

日の丸写真館で一枚。

倉敷まで進んでこの日はおしまい。

5月1日
瀬戸大橋を渡って再び四国を目指します。途中与島PAで休憩。そこで何故か萌えキャラ。

四国萌え隊だそうです。でも何故に岡山が…。

さて「うどん県」ですのでうどんです。須崎食料品店に行ってみました。

とりあえず小の温かい方を頼みます。

玉子を入れて釜玉です。前回の四国ツーリングで食べたものより全然おいしいですね。ここはお薦めです。

途中イズイシ手袋でグローブを注文して、フェリーで和歌山に向かいます。

ここにも萌えキャラですか。

四国・瀬戸内・伊勢ツーリング(前篇)

W800でのツーリング。
この頃GT1000の出番がめっきり少なくなってしまいましたが、タンデムでのツーリングなのでトップケースを装着可能なW800で出かけました。

日程は、4月26日の夕方出発、5月3日までの大体7泊7.5日といったところ。前回の四国・瀬戸内ツーリングで行きそびれたところを網羅するように出かけました。

4月26日
この日は翌日のゴールデンウィーク初日に備え、予め途中まで進んでおくための移動日。18:00出発で、恵那まで進みました。

4月27日
朝から高速に乗り、四国目指して移動です。予想より渋滞していないので、琵琶湖や神戸で高速を降りてぶらっと観光。16:00頃には鳴門大橋の下の渦の道に到着です。

渦の道は鳴門大橋の車道の下部に作られた施設で、ところどころ床がガラスになっています。

ただ行った時間が満潮でも干潮でもなかったので、渦潮は今一つでした。

4月28日
宿泊した徳島市内から徳島自動車道で西に向かい大歩危方面へ。本当は高速は使いたくないのですが、時間に限りがあるので仕方なく。

大歩危はそれ自体も良いのですが川沿いの道が気持ち良いですね。途中道の駅からの眺め。

そしてちょっと山の方に入って有名な小便小僧。

山道を堪能した後は、一気に高知まで行って昼食です。ひろめ市場でかつおの塩たたきを初めて食べました。

普通のポン酢の方が好みかも…。

一応桂浜を見てから四万十へ向かいます。途中ナビに導かれるまま国道439号線に迷い込み酷い目に遭いました。さすが酷道です。

4月29日
中村から四万十川を遡り、四国カルストを目指します。もちろん439号線は使いません。

四国の山道を堪能した後は道後温泉に入って、今日の宿泊地「大三島ふるさと憩いの家」を目指します。

以前から泊まってみたかった宿です。

到着したらこの日の宿泊は我々だけで他のお客さんがいない貸し切り状態でした。私は海辺の廃校というシチュエーションに惹かれたのですが、世間的にはそうでもないのでしょうか。

ただ、海辺の廃校を使用しているのですが、遊び心が少し足りないような気がしました。音楽室にピアノやオルガンを置いておくとか、理科室に人体模型を置いておくとか、そういったものは一切なく全て客室にしているだけでした。

泊まった部屋も「校長室」なのですが、元「校長室」をいくつかの部屋に区切って6畳程度の和室にしているだけです。そこは立派な机とトロフィー等を置いた部屋にするべきじゃないでしょうか…。

W800で北海道

GT1000の車検中に、W800で北海道ツーリング。
タンデムで出かけるので、いつもはジェベルに付けているトップケースを装着。

■1日目 (9月8日) 家→盛岡

ほぼ晴れ。途中仙台で寄り道して牛タンを食べ、七ヶ浜、松島経由で盛岡へ。

松島の阿部蒲鉾店で笹かまぼこを自分で炙って食べたら蒲鉾とは思えないほど美味でした。

■2日目 (9月9日) 盛岡→函館

朝から雨。八幡平アスピーテラインを経由して青森港を目指したのだけど、肝心のアスピーテラインでは土砂降りで景色は全く楽しめず。

さらに夜の函館山からの夜景も雨風でひどい目に。

■3日目 (9月10日) 函館→札幌

朝から雨。事前の天気予報ではこの日までは天気が悪いことになっていたので、まだ納得して出発。

洞爺湖はガスで景色が全く見えません。

登別温泉はいいお湯でした。

折角温泉でさっぱりしても、また合羽を着て雨の中です。でも札幌に着くころには曇り空になっていました。

■4日目 (9月11日) 札幌→旭川

事前の天気予報ではこの日から晴れるはずだったのに、予報は変わって今日も雨。とりあえず羊ケ丘でクラーク博士と記念写真。

富良野方面に進むと、途中占冠あたりで曇り空に。

富良野の吉田農園で「ふらのの夢」という半分に切ったメロンにソフトクリームをのせたものを食べ、ふらのチーズ工房でピザを食べ、カンパーナ六花亭にたどり着く直前に立ちゴケし、カンパーナ六花亭でお土産を物色しているうちにまた雨になりました。

その後美瑛のあたりで再び曇りになったのですが、やはり曇り空の下では気分も晴れません。

この後は旭山動物園を見学している最中に雨に降られました。

■5日目 (9月12日) 旭川→小樽

今日も雨。朝から雨。雨。憂鬱な気持ちで合羽を着て出発です。大雨の士別あたりを走っているときには心細くなりました。

しかし西に方向を変え、霧立峠を過ぎたころには雨は上がり、青い空が見えてきました。

そしてオロロンラインの風力発電。

途中、道の駅おびら鰊番屋でウニイクラ丼を食べオロロンラインを快走です。

程よく走ったところでお茶にでもしようと思い、カフェを探していたら「ありすcafe」と書かれた店がありました。これでお茶が飲めると迷わず入ったのですが、どうもカフェではないようです。よくみると「ちいさなうつわの店ありすcafe」と書いてあります。器屋さんなのですね。

しかし、店主のすすめでお茶とクッキーを御馳走になり、お金を払おうとしたら「いりません」と言われたので、厚かましくもそのまま店をでました。本当なら器を買えばいいのですが、バイクなので荷物は増やせないですからね。

後で知ったのですが、石狩市のホームページにも紹介されています。そこには「喫茶店ではないのでご注意の程を」と書かれていました。そんなことを言われましても…。

■6日目 (9月13日) 小樽→新潟

新日本海フェリーで移動です。

■7日目 (9月14日) 新潟→水上

新潟から家に帰るのに、そのまま帰るのは勿体ないので、途中水上に1泊することにしました。選んだルートは野沢温泉から奥志賀スーパー林道経由です。

野沢温泉では温泉たまご作り。生卵から作るのは20分かかるというので、温めるだけの5分コースでお茶を濁す…。

奥志賀スーパー林道は路面状態が良くて非常に走りやすい道です。志賀・草津道路のような景観はありませんが、走っているだけでハッピーになります。

■8日目 (9月15日) 水上→家

最終日はロマンチック街道→佐久→コスモス街道→秩父→家というルート。

八ツ場ダムはどうなったのかなと考えながら、ダムに沈むであろう橋から新しい橋を見上げる。

途中、信濃追分では痛電車を撮影

コスモス街道

リベンジする気も起きないほど雨に降られ続けた北海道でした。
多分しばらくは北海道には行きません。

そしてW800ですが、小さなウィンドスクリーンを付けていることもあって、非常に快適な旅バイクでした。ポジション、サイズ、パワーのいずれもが「ちょうど良い」感じです。ただ、W650に比べて足つきが良くなっているというシートが、形状と柔らかすぎるクッションのせいでお尻が痛くなる原因になります。今のところそれが唯一の欠点。